時間 待つ 証拠

時間 待つ 証拠

常に気持ち悪い。

 

 

不妊治療の末の妊娠でしたが、不妊治療のクリニックを卒業する前に、つわりが始まりました。確か4週目くらいからだと思います。すっぱいものが欲しくなると言われていますが、ミンティアのフレープフルーツミンツを食べていました。しかしすぐに苦味を強く感じるようになり止め、次はコーラ味のグミを食べてました。しかし、後味の匂いが耐えられなくなり止めました。電車に4分間乗るだけの通勤でしたが、電車の匂い、まわりの人たちの匂いがだめでハンカチを鼻と口に当ててひたすら我慢して乗ってました。一度吐き気が来ると、次々とオエオエッっと嗚咽が止まらなくなるので、人前ではなるべ無心で過ごしました。顔を洗う時の洗顔料の匂いや、食器を洗う洗剤の匂いもダメ。食べられる物を探す日々でした。最初はサラダ味のプリッツのみ、それからメロンパンのみ、やきとりのみ、ほんのりやのカリカリ梅とジャコのおにぎりと徐々に食べられるようになりました。

寝たままクレヨンシンチャンのユーチューブを何本も見た。

 

 

基本的にただひたすら時間が経つのを待つだけでした。とにかく何をしてても気持ち悪い。接客業で働いていたので、お客様の前で嘔吐しないことだけ気をつけていました。なるべく遠くをみて、何も考えないようにしました。ユーチューブでくれよんしんちゃんを見ると1話7分位だったので、気持ち悪いけど面白くて時間が過ぎていました。同僚のお姉さんが、サラダプリッツを教えてくれて、気持ち悪い時は無理して食べる必要がないことを教えてもらいました。カロリーの高めなプリッツはいいよーと。仕事をしてると気持ちがまぎれるとは思います。バックヤードに入った瞬間、嗚咽が始まる感じです。本当は家にいる時も寝てないで、散歩したりした方がいいと思います。食べると吐いてしまうので、食べたくないのですが夫がいるので食事は作らないといけませんでした。外食してもらったり、買ってきたりして協力してもらいました。つわりはあかちゃんがすくすく育っている証拠だと自分を励ます日々でした。

こんな記事も読まれています


ホーム RSS購読 サイトマップ